2014年12月31日

2014年回顧

・公式
 今年は、劇場版、SSAライブ、9thライブ、OFA等と色々あり過ぎ、2年というのは大袈裟とはいえ、1,5年分のイベントがあった様な気がします。
劇場版については、悪いけど一回しか観ないだろうなぁなど思っていたのですが、13回観にいっていました。
話を聞いていると、13回もなのか13回しかなのか感覚が、麻痺しているのを自覚させられました。
ただ、私にしてみれば、他の映画で13回も観る事はまず無いかと思います。
劇場版につき、個人的に嬉しかったのは、舞台挨拶で地元までプロジェクトフェアリーの3人とアニプレの高橋氏が足を運んでくれた事です。
舞台挨拶は、多分に名古屋の劇場一館か二館程度で、地元だと来ないものだと思っていたので、驚きました。
チョロいと失笑されるかもしれませんが、13回観にいく事になった要因の一つです。
ちなみにそのうちの一回は、movixさいたまで観ています。
 movixさいたまといえば、SSAの近く。
というわけで、SSAライブ。
SSAライブは、2月というのもあってか、去年の出来事のような気がしてなりません。
「つなぐ」がテーマになっているだけあり、765,シンデレラ、ミリオンのメンバーが大きなミツボシの如く眩しいライブでした。
特に聴きたかったのが、「ライアー・ルージュ」と 「Precious Grain」。
初日だけの参戦で前者しか聴けなかったのが、残念。
しかし、「ライアー・ルージュ」のイントロが流れた時は、鳥肌が立ちました。
劇場版効果で志保に対する自分の評価が、変わっていたという影響もあるのかと思います。
…やっぱり、私はチョロいね。
それから、あとジュリアの中の人である寺川愛美さんのギターを使ったギターを使用されたパフォーマンスも印象的でした。
中の人がキャラと自己を過度にシンクロさせようとするのは、キャラが演者の代名詞の様になった場合、当人の他のお芝居にとってリスクなりうるのかもしれません。ただ、そういったリスクは、その役者さんの努力次第で何とでもなると思います。
 そして、9thライブ。
SSAあったり来年10周年というのもあり、名古屋でもガイシホールの様な大きな会場でライブをやって欲しいとライブアンケートで、要望でその旨を書かせて頂いたのですが、今年の内に叶うとは予想しませんでした。
さらにOFA先行抽選で、夏コミと被ったのもあってか、名古屋2daysを確保できたのは、嬉しかった。
ただ、夏コミと被っていたので、入りが心配でしたが、それは杞憂に終わりました。
ライブで印象に残ったのは、中村先生の珠汗の輝き。
演出と席位置のお陰でかなり近い位置で観る事ができた際に中村先生の汗の輝きが見えたのですよね。
人生の中でもっとも美しい汗をこのライブでみたと思っています。
 劇場版、ライブを中心に簡単な感想を書かせて頂きましたが、情報発信におけるニコ生への傾斜も強く感じられた一年でもあり、「新たな展開」へのこちらの耐性や望む方向性を目に見えて探られている印象を持った一年でもありました。
今年の向こう側に何があるかは分かりませんが、来年も楽しめるといいなと思う次第です。

・ニコマス
 PV系作品が、減ったかなと言う印象を持っています。
もっとも、今年については特にあまり作品を観させて頂いていなかったから、そういった印象を持ったという側面は否定できません。
しかし、観させて頂いた範囲からみても、減ったかなという印象に変わりはありません。
そうなると、際立ってくるのがエディテッド系のPV作品だと思います。
エディテッド系PV作品の底力を感じた一年になりました。

・まとめ
 今年は、公式の攻勢が強かった上にリアルの環境の変化と相まって、ニコマスに対する対応度が鈍かった点を反省しております。
2015年回顧ではニコマスに対する文章の量を増やしたいので、来年はその点を何とかしていきたい所。
反省で締めくくってしまった2014年ですが、アイマス・ニコマス共に来年も楽しんでいきたいです。
posted by 桐野彰 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/109298638
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック