2015年01月08日

蠢動

07年4月、5月頃から非ノーマルPVが増え始めてきた感じだなぁ。

ちひゃーP

アーケード版、Xbox 360版の『THE IDOLM@STER』では、亜美・真美のどちらが出演しても亜美の姿のみという仕様でした。
そこで反転させて真美を登場させるだけでなく、歌声を多重ウォンピッチフィルタでハモらせるとこの時期で、比較的手の込んだ作品となっています。
ハモらせ具合や映像の雰囲気から、どことなくアングラの匂いすら感じさせるところが印象的でした。

ねこP

基本的にダンスは、曲と同じIDOLM@STERで構成されています。
二番目のリフレインの所の蒼い鳥になっています。
しかし、歌詞字幕がなければ、この曲のダンスと錯覚してしまいそうです。

ナオキP

この時期としては、比較的綺麗にアップされた作品だと思います。
形式面でなく、選曲、ダンスの編集等の融合が処女作とは思えない手堅さを感じさせる作品だと思います。
ゆったりとした曲調に千早のスローダンスの組み合わせが、心地よく感じられました。
posted by 桐野彰 at 20:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/110823754
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック