2015年12月31日

2015年回顧

・ニコマスについて
 今年も以前ほど、観ていない為、何かしら書ける様な事を体験していないのが正直な話。
ちょっとこの傾向が数年来続いているので、正直何とかしていきたいところです。
昨年も似たようなことを書いた記憶があるので、説得力がないような気がしますが…
それでも敢えて書かせて頂くと、上半期はアニデレ、下半期はデレステが強いかなという印象を受けました。
そういった中で、個人的に際立った作品だと感じさせられたのが此方の二作。

黒崎P

作品については、過去記事で触れさせて頂いているので、ここでの詳細な言及を避けます。
シンデレラが際立つ中、凛然と輝いている快作だと思います。

オタヤマ氏

上記作品と同じくここでの詳細な言及を避けますが、知る限りおいてAuraP以来の手描作品の怪作。一見すると選曲と合わないように思いますが、ダイナミックな動きがそれは違うぞと主張している。その説得力が、印象に残りました。
こういった強烈な作品を観させて頂くと、来年も楽しめそうだと期待できるのが、嬉しいところ。

・公式について
 全て把握するのが困難という状態が、昨年来より続いているように思いました。
特に今年は、アケマスから数えて10年故か、デレアニやデレステ等々と怒涛の勢い。
週一で何かしら大小のイベントがあったような気がしてなりません。
 その中で際立ったのが、西武ドームの10thライブ。
個人的には、ここで一段落かなと思っていました。
しかし、実際に感じられたのは、ひと段落どころか、ここが第一歩だという事でした。
 もう一つ際立ったのが、シンデレラの展開。
どれだけやるんだよあんた達は!(歓喜)
デレステに至っては、ご存知の通り、あのCM。
本当にシンデレラは、話題に事欠かない一年だったと思います。
 来年もPS4での展開を始めとして、色々とあることは、ほぼ確実だと思われます。
10年目を第一歩としてどのように進んでいくのか楽しみです。

来年もよいお年を!
この時期恒例(?)の二作を貼らせて頂いて、今年を締めたいと思います。

メカP


posted by 桐野彰 at 10:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/170956638
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック