2009年10月26日

ブログの方針

ニコマス作品は、毎日拝見させて頂いておりますが、たまに感想を此方に書かないことがあります(今月はやや多い気がしました)。
概ねそういった時は、
1.リアル(仕事)に疲れて頭が働かない
2.「書かなくては」と義務感に襲われた時
3.パソコンに触れられない状況にある(病気・外出等)
4.ダメ無さん並の妄想でヘヴン状態下にある
いずれかの状態下にあると思って下さい(誰に言っているんだ)。
特に問題なのが「2」でして、たまに「あぁ、書かなくてはいけないな」と思う時があります。大抵、そういった時は、「1」の状態に併せてなっていることが多いのですが、お休みさせて頂いております。好きなことを変な義務感の下でやっても面白くないですから。

この様に自分のブログの方針を省みて感じた事なのですが、「アップしなければいけない(納期的な意味は除く)」、「盛り上げなくちゃいけない」といった意識に駆られて物事を進めると気持ちだけが空回りして「表現したかったもの」を見失ってしまうような気がするのです。
そういった時は、手を止めて、アップした過去の作品を見たり、ブログのログや感想を過去に感想を書いたことのある作品等を見たりして、始めた時の気持ちを思いだしてみるのもいいかと思います。
初心忘れずべからずという言葉もありますし。

透-視P作

ご覧の通りのアブノーマルPVでございます。
個人的には、DLCのグラビア水着って使いようによっては下着に見える等、スク水より紳士ツールだと思います。
それにしても中途半端に布で隠れていると尚更、際どく感じませんか!
特に右太腿内側から下腹部の辺りが堪らない感じになっていますよ!

ねーよwwwP作

これは2828せざるを得ない。
この季節にあった月下が照らす草原で歌い踊る千早が実に美しい。
カットインの使い方が、ストーリーをさらに盛り上げてくれるような気がします。
それにしても、9393は、口元だけでも分かるものなのですね。
隠れた向こうに千早の冷めた目があるかと思うと、こう何かそそられませんか?
あの目で見られた時に背筋を走る冷気が堪らない。
posted by 桐野彰 at 21:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/33208316
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック