2015年12月31日

今月の一作(ふりそでP作品)

ふりそでP

アイマスのカメラといえば、個人的に動くものという印象が強いです。
しかし、本作品は、その点をいい意味で裏切られました。
動かないのです。カメラが。
最初の30秒で大袈裟ながら、普段見ている世界とまるで違う世界が広がっていたと言う感じ。
客席で見ているというよりも、まったく異次元から垣間見ている印象を受けました。
2.5次元を3次元があるので、そもそも違う次元から見ていると言われれば、確かにそうです。
しかし、それでも、違う次元から見ているという印象を強烈に受けたのも、確かなのです。
単に視線が変わり新鮮な印象を受けただけで、説明の出来なくしているのは、カメラの距離感。
バストアップが、一コマも入っていない。
二次元の絵でも写真でも、視線を感じるのですが、この作品からは全くそれを感じることが出来ません。
恐らくそれが、様々な演出とあいまって、違う次元から見ている感覚を与えてくれたのかなと思います。
ちょっと物悲しい感じもしないでもない不思議な作品。
posted by 桐野彰 at 08:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年12月24日

雪歩誕生祭

雪歩、誕生日おめでとう!

那加・D氏(処女作)

ミリオンのカードイラストは、比較的日常感が溢れる上に相互間に世界観が繋がっている印象を受けます。
その点を、上手く生かした作品だと感じました。
あの作品の様に動きはないですが、時間の流れをしっかり感じさせてくれる作品だと思います。

pawaP

此方もミリオンのカードイラストを使用した作品ですが、先の作品は、24日夜のみんなと雪歩をイメージしたであろう作品。
それに対し、此方は、雪歩を中心にLTP12のメンバーを描いています。

Halu(25)氏

暖かいところでお祝いというのもなかなか。
posted by 桐野彰 at 18:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年11月30日

今月の一作(mknP作品)

今更ですが、月末記事タイトルにP名を括弧書きで入れるようにしました。
折角、ツイッターと連動させたので、アピールですよ!アピール!
連動させたのが、結構前なので、何を今更と思わなくもない。
なお、ライブにはいけなかった模様。…無念。
Hotel Moonsideを生で聴きたかったよorz

mknP

 デレステのキャラの造型とOFA等の造型を比較すると何となく後者の方が、腕が若干、短く感じられます。
(ただ、デレステの肌の質感の方が個人的に好み)
それ故、腕の動きを大きく見せるのが、難しいので、ダンスの魅せ方もまた難しくなるような気がします。
また、ニコマス作品を観させて頂いていると腕の動きとカメラワークの組み合わせが、大切な要素の一つだと思います。
そこを制限されると結構大変なような気がしないでもありません。
一度も作品を作った事がない私が言うのもアレですが…。
本作品は、それらの点をを画面アス比を恐らくスコープサイズ程度にして映像自体の持っている奥行き感を利用しつつ、視線を狭くする工夫でもって解決されたのだと思います。
それから、デレステのライブシーンは、現時点ではクインテットのみなので、画面を横に広くとっても問題にならないどころか有益になるのではないでしょうか。
全員の綺麗に並んでいるシーンを俯瞰で撮るもよし、画面半分を顔のアップにするのもよし。
本作品は、デレステのライブシーンをシンプルながらも本当に上手く生かしていると感じられる点に惹かれてなりません。
 使用楽曲は、私が好きな曲の一つであり、且つ、その曲を聴いて頂ければ分るかと思いますが、楓さんの中の人のカヴァー。個人的に至れり尽くせりな作品でした。素晴らしい。
posted by 桐野彰 at 19:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年11月28日

2015年11月デビュー

今月、ニコマス「に」又は「にも」飛び込んだ方々の作品でティン!ときた作品。
すっかり、久方ぶりの記事となりました。
ただ、一作のみですが…

ファッ!?氏

ショコラティアラは、結構、ふんわりした楽曲なのですが、その点を少し削ぎ落とした雰囲気。
甘いだけでなく、透明感を感じさせてくれるのがいいですよねぇ。
posted by 桐野彰 at 16:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年11月23日

美希誕生祭

美希、誕生日おめでとう!

あとりえP

歌詞の通り、セクシーにしてキュートな作品だと思います。
華やかさで積極的に攻めてくる美希。
目がチカチカして瞼に残像が残る感じが如何にも美希らしい。

ヤマダリオンP

961が目指していたであろう路線を髣髴とさせるイメージにも耐えうる美希の勇姿。
こちらは、先のあとりえPの作品と異なり重量感でせめて来る感じ。
雰囲気が全く違うけど、こちらも如何にも如何にも美希なんだよなぁ。

東風P

タイトルを見て美希らしいなと何故か感じてしまったのが、第一印象。
美希らしいと思ったのは、ショッキングな彼に近い表現の歌詞があったから。
14,5歳の筈なのに背伸びした感じではない艶やかを感じさせてくれる作品だと思います。

家具屋P

歳相応の美希の姿を表現した作品だと思います。
やよいや真美と同世代であったことを思い出させてくれる作品。
posted by 桐野彰 at 18:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年10月31日

今月の一作

74(ななじゅうよん)氏

デレステよりお借りからお借りして候。
もうあの作品が出てから、8年も経過しているのですね。
あの作品を初めて観させて頂いたのはいつだったのかすっかり忘れてしまいました。
8年の時を経てNGの三人で、しかも、デレステで魅られるとは。
古典的でありながら新しい作品。
いつか876プロ、ミリオン、315プロでもなどと思ったり思わなかったり。
posted by 桐野彰 at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年10月10日

響誕生祭

響、誕生日おめでとう!

mknP

重厚な物語を秘めた作品。


東風P

軽快、爽快。

218P

しっとりした雰囲気が、印象的な作品。
目の前で踊る響をみている筈なのに記憶を辿っているような感覚になりました。

南駆流P

響の今の瞳にあの人は、どのように映るのでしょう。
あの時と違って映っているのなら、それは大きくなれた証。
posted by 桐野彰 at 18:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年09月30日

今月の一作

今月は、im@sMSC5作品から
リンスキー師範P

何となく予想されているような気がしないでもないですが、この作品を選ばせ頂きました。
あるニコマスPがニコ生にていい意味で怨念のこもった作品と言っておられました。
まったくもって同感です。
そうでもなければ、ここまで手の込んだ作品は、作れないと思います。
本作は、以前、触れさせて頂いたガーベラ〜今年の花(sm24798980)の様に空間の広さで魅せる作品とは逆で比較的狭い空間を中心にした上で、春香さんが近くに感じられるカメラワークが、印象的でした。
小さなライブ会場の最前で、春香さんの歌やダンスを魅ているような雰囲気を感じられると思います。

posted by 桐野彰 at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年09月19日

MSCX FINALE

MSCX FINALE


ED


 まず、MSCX運営に携われた方々、参加されたPの方々へ。
本当に楽しませて頂きました。有難うございます。
 そして、EDのSpecial Thanksに名前を頂けた事は、光栄の至りです。
この件につきましても、MSCX運営に携われた方々に御礼申し上げます。
posted by 桐野彰 at 19:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年09月05日

MSC5決勝

決勝です。
記憶だと過去に1分で作品を終わらせる方法をとられることがあったような気がします。
しかし、今回、そういった作品は、決勝作品に限ってみるとなさそうですね。
例によって選ばせていただいた作品番号を当記事の一番下の「ここ→」の横に背景と同色で記載しました。
興味のある方は、ご覧ください。

OP:えびP

投票対象作品になっていないのが、残念。

決勝


F-1
静止画に*1Kinetic Typographyという表現手法の組み合わせに伸びの有る爽やかな歌声が実に心地よい作品。
ミリオンPの投票は、本作品に集中しそうな気がします。

*1:今までフォントを躍動的に使用する表現方法をKinetic Typographyと呼ぶとは知りませんでした。
しろざわPのブロマガ(http://ch.nicovideo.jp/shirozawa/blomaga/ar867140)で知った次第です。

F-2
アイマスのゲームの要素を重視した作品の様に感じられました。
765メインで他のアイドル達も影絵等で出ているようですね。

F-3
恐らくMSC5では、もっともパワフルな印象を感じさせてくれる作品だと思います。
やはり、歌詞のポイントポイントでアイドル達の動作を合わせている所に強い印象を受けました。

F-4
使用楽曲や雰囲気からして、08年や09年の頃を思い出す人も少なくないであろう作品だと思います。

F-5(敗者復活枠)
げげっ!上様!!

F-6
何度みてもジャンプするシーンが、個人的にとても印象に残ってしまう作品。
さらに濡れ髪まで表現されているのには、驚きました。

F-7
やはりこの作品は、残るよねというのが、第一印象。
もっとも、理由は、具体的に説明できませんが…。
見て頂ければ、分ると思います。

F-8
個人的に大穴になってしまったのが、この作品。
最初に印象が薄いと感じてしまったのは、人口ボカロが丁寧すぎるからなのかもしれませんね。

F-9
シンデレラ枠を飾るは、この作品。
杏のみている夢でも観ている様な雰囲気。

ここ→F-6
posted by 桐野彰 at 19:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年08月31日

今月の一作

mknP

 MSC5をはじめ、アイカツ!楽曲を使用した作品を幾つか拝見しています。
曲を聴いていると、木曜の午後18時30分にツイッターが、賑やかになるのが分るような気がしました。
もっとも、メインキャラの中の人が、アイマスと重なっている上に内容も近いという点もあるかと思いますが。
 本作品についてですが、まず、765からシンデレラ、そしてミリオン、さらに876へと繋げていく事で奥行きの深さを感じさせられました。
さらに作品自体の奥行きだけではなく、元となっているアイマス世界そのものの奥行きの深さすら表現しておられるように思います。
そして間違いなく今でもその奥行きは、拡張し続けている。
拡張するだけでなく、過去と断絶することなく確実に繋がっている。
劇場版アニマスの春香さんのあの言葉を思い出しました。
そして、あの言葉が、実に説得力を持った言葉である事をこの作品でもって再確認せざるを得ない。
posted by 桐野彰 at 20:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年08月30日

2015年8月デビュー

今月、ニコマス「に」又は「にも」飛び込んだ方々の作品でティン!ときた作品。
5ヵ月ぶりですが、実質的に真誕生祭の続きになってしまっているという…。

八木氏

ドール作品です。
真をメインにアイマスの奇跡を辿りつつ、彼女の瞳の輝きに惹き込まれてください。
瞳がとても印象的でした。

みへん氏

モノクロのシーンが、恐らく過去の軌跡をイメージしたものと思われます。
先の作品からして感じたことですが、軌跡を表現される方は、P歴が長いのかなと思ったり思わなかったり。
仮に短かったとしても、濃さという点においては、描かれたシーンの多さからP歴が長い方と勝るとも劣らないと思います。
また、P歴史が長いのであれば、流石、ベテラン勢。過ごした時間と濃さが違う。
と感じさせてくれる作品だと思います。
posted by 桐野彰 at 18:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年08月29日

菊地真誕生祭

真、誕生日おめでとう!

NagiP

ティータイムハピネスで一番視覚的意味で甘く感じさせられるのが真の衣装。
ド直球でホイップチョコレートをイメージさせてくれます。
そして、この歌詞。
多分、真のみだったら甘ったるい作品になっていたような印象を受けました(それでも素敵ですが)。
その点につき、雪歩と美希が、バランスを取ってくれている様な気がします。

れのP

真の歌声が、高らかに響く。
カメラワークすら真の様に思えてしまいます。
疾走感溢れる実にまっこ前な作品。
どこまでも空が青いようにどこまでも真で満ちている。

きゃのんP

腕の動きに曲を丁寧に合わせている点が、印象的でした。
曲の転調での衣装チェンジが、刺激的。

BARBP

こういったジャズを使用した曲となると、個人的に男装かなとつい思っています。
ですので、この作品の真の衣装が、実に新鮮に感じられました。
35秒からの約2秒間の魅せ方が、実にセクシー。
posted by 桐野彰 at 18:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

MSC5準決勝その3

本戦Cブロック


C-1(E-3)
今日は、真の誕生日。
30秒以上溜めていますが、まだ引っ張るか。
とは、思うものの、やはり付いて行かざるを得ないだけの引力を持つ真の背中。

C-2(B-2)
アイマス界の王道を突き進む春香さん。
1分4秒でのウィンクは、反則だと思います。

C-3(C-4)
全体の色調と曲の雰囲気から、荒野をイメージさせられました。
しかし、不思議と後ろ向きさを感じさせないところが、印象的です。
きっと彼女達は、昂然と荒野の中で歌い踊り荒野を緑に変えてくれる。

C-4(G-6)
ライブでラストの曲を歌うようなイメージ。
やはり、あずささんのマイクに乗らなかった一言に強い印象を受ける点、変わりはありません。
いい意味でアイドル達のエゴが見られる作品になるのかな等と思っています。

C-5(C-5)
画面が、モノクロの荒野に展開には、少し驚きました。
前の展開から見るに杏の夢なのかななどと思ってしまいました。
前半の色に満ちた所からのこの落差は、印象的。

C-6(D-4)
MSC5で何か来るのか一番予測できないのが、この作品。
コマの連続の中で一瞬、映ったアレが…。
何となく曲者的な作品のような気がします。

C-7(A-3)
パワポ作品で此方の方のみが残ったかというのが、最初の感想。
そして、確かに比較すると残るよなと納得してしまったのが、次の感想。
みくにゃんの歌う曲で、且つ、みくにゃんメイン。
今の時節柄を考えると、此方の作品の方が、印象に残るような気がします。

C-8(A-7)
C使用する楽曲からして、癖のある作品に感じられます。
やはり、使用する曲と演出もあってアングラ的な要素を感じさせる雰囲気が強烈。

ここ→C-7
posted by 桐野彰 at 15:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年08月28日

MSC5準決勝その2

今回もブロックごとに書かせて頂きます。
選ばせて頂いた作品は、昨日と同じく当記事の一番下の「ここ→」の横に背景と同色で記載しました。
本戦Bブロック


B-1(D-3) 
予選からの雰囲気を崩すことなく、高速で攻めていく漢字が印象的。
ダンスに合わせてのエフェクトの入れ方が、実に格好良いと思います。

B-2(A-5)
予選で印象が薄いと喚いていた私は、ちょっと反省しなければなりませんね。
人力ではなく、神力なのかもしれない。
千早が登場するのですが、オチ要素なのかガチの切り札的意味合いを持つのか気になります。

B-3(E-1)
今回、唯一と言っていいMMD作品が本戦に乗ってきました。
最近になってようやく元ネタ作品を見てきましたが、見事な再現率だと思います。

B-4(D-7)
モノクロから一気に総天然色になるのが、華が開く様子を魅ているように感じられました。

B-5(E-4)
765と346の共演的な作品の予感。
765で溜めての365の登場には、惹かれます。

B-6(A-8)
まずは、やはり残ったかと思いつつ、笑ってしまいました。
当然に建物が口ずさむわけですが、さらに笑ってしまったのが、右上。

B-7(G-4)
ドールなのに動くという非常に手間がかかっているだろう作品だと思います。
予選でも触れさせて頂いたのですが、ジャンプしている又はそう見えるのが、非常に印象的。
MSC5だけを見ての話ながら、本戦に本作が残ることからみると、かなりドールがアイマスにも浸透しているように感じます。

B-8(F-3)
予選で触れませんでしたが、使用曲は、wot…じゃなくて、ガルパン。
これからのミリオンが、加速度つけて進んでいく事を予感すらさせる作品だと思います。    

一番迷ったのが、このブロックですね…。

ここ→B-7
posted by 桐野彰 at 20:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年08月27日

MSC5準決勝その1

MSC5セミファイナル。
準決勝もブロックごとに書かせて頂きます。
尚、選ばせていただいた作品番号は当記事の一番下の「ここ→」の横に背景と同色で記載しました。
興味のある方は、ご覧ください。

本戦Aブロック


A-1(B-5)
選曲の良さ、ハレーションとカメラワークの爽快感、そして元ネタに合わせただろうメンバーの選択。
さらにステージ転換。ニコマスPVを長く追っかけている人ほど、惹かれる作品の様に思えます。

A-2(G-3)
唯一の北米版作品。カオス分が出てきましたが、キャラのイメージに合わせている所がまた。

A-3(G-5)
765メンバーは、登場しないのかなと思ったら、やはり、登場してくれました。
恐らくアイマス世界全体をテーマにしたストーリーPVになるのでしょうか。

A-4 (E-2)
雪歩と黒の組み合わせは、実に蠱惑的だなぁと思わせてくれる作品。
さらに浴衣の後ろ姿まで詰め込んでくるとは、雪歩Pに追い込みをかけている。

A-5(F-4)
千早メインの作品で此方が残りましたか。
千早の過去とこれからを丁寧に、且つ、表現してくれそうな作品だと思います。

A-6(A-6)
3分18秒から4秒間の腕の動き魅せ方が、あの人の様な気がしてなりません。
作品全体の薄暗さと浴衣姿から、微熱を帯びた妖艶さを感じさせられます。

A-7(F-2)
現時点で見えている部分は、やはり、宝石の原石のように思えてなりません。
次の60秒でどんな輝きを魅せてくれるか楽しみです。

A-8(B-3)
MSC5内でアニメ使用作品としては、曲の印象もあって一番パワフルな感じを受けました。
曲のリズムに合った動きを合わせた上で文字演出を入れてくるという凝り様。

A-9(B-7)
彼女達と現実世界を結びつける何かがあるのか。
それとも、嵌め込みに特化した作品なのか。


ここ→A-1
posted by 桐野彰 at 20:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年08月24日

昨日は処暑

大阪会場のアレは、流石に映像化無理だと心底、思います。
常務も激おこ間違いない。

あやいずP

雪歩が生まれて、世界が、孵化するのか。
世界が生まれて、雪歩が、孵化するのか。
雪歩が先か世界が先か。
どちらが先なのかは、どうでもいい事なのです。

アンカーP

タイトルが、全てを語っているような作品。
美嘉をメインにしつつ、二人の関係が心地よく感じられる作品だと思います。
また、亜美真美とは、違った感じの姉妹の関係が面白く感じられました。

わたまきさんP

妙にアップペースが、早い。
相変わらず、カオスな歌詞。
posted by 桐野彰 at 20:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年08月23日

こんなこともあろうかと

大阪より日帰りしてきました。
昨日の内に更新準備しておいたのさ。

回P

最初は、星々といいますか星座かと思ってしまいました。
実は、水鏡という言葉が相応しい作品。
モノクロ調だからこそ、水面だと思ってしまうのでしょうね。

NGR2氏

ハレーションの中に浮かぶアイドルの幻覚。
貴音さんの記憶の一部を垣間見ているような感じを受けました。

タイ氏

前半は、記憶が曖昧で何とか思い出そうともがいている様に感じられました。
後半は、何とか思い出せたと思ったら、たちまちに記憶が掻き消される印象。
さらに楽曲が、映像と相まって夏の暑苦しさを感じさせてくれる作品だと思います。


posted by 桐野彰 at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年08月22日

8月を振り返る的な何か

明日は、大阪に日帰りで行ってきます。
月曜日の休みの確保が、困難著しい…。

むすひらP

サムネに惹かれたのは、間違いない。
ふっとステージで肩の力を程よく抜いた千早のダンスを魅ているような印象。
ゆっくりとした大きな動きに柔和な雰囲気を感じました。

ビッグコックP

ネタ的傾向が強い擬似m@sですが、この作品は個人的にガチ作品。
江戸切子のPV作品になってしまっている気がしてなりません。

HarrisonP

しぶりんの背中を何度も他の作品で観ている筈なのですが、この作品では、不思議と強い印象を受けました。
シンデレラ・アニメのシーンを歌詞合わせて挟み込ませる事で、しぶりんの心境を表現しているように感じられます。
posted by 桐野彰 at 17:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年08月21日

音の世界に浸る

8月中に見させて頂いた作品でマイリスに入れていた作品の中から、所謂、マッシュアップ系、又は、リミックス系の作品について書かせて頂きました。

今更氏

30秒間待ってみてください。
旋律と仁奈の歌声の組み合わせが、電子も柔らかさを持っている事を教えてくれるようでした。

名無し氏

南国の海辺でそよ風に吹かれながら夕焼けを眺めてつつ聴きたくなるマッシュアップ。
結構、賑やかな歌詞のはずなのに旋律で心地よい脱力感が、感じられると思います。

NGR2氏

スプラトゥーンの楽曲であるシオカラ節ときゅんっ!ヴァンパイアガールのマッシュアップ作品。
シオカラ節の歌声とやよいおりの歌声が、耳にくすぐったく響きます。
そこにシオカラ節の低音が、乗ってくるからか心地よくも感じられました。
posted by 桐野彰 at 20:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記