2014年08月31日

今月の一作

ハニハニP

一言でこの作品の感想を表現すると、洗練された知的な作品。
何かの本で読んだのですが、文章は無駄を削ぐことで輝く旨の一説を思い出しました。
兎に角、この作品は、無駄が削ぎにそがれているように感じられます。
確かにダンスと曲をシンクロが中心になっているように思われます。
しかし、それだけではない要素があるように感じられて仕方ないのです。
その要素とは何かと考えてみると、曲に合わせた上で削ぐ作業をしておられるからと思うに至りました。
何故、その様に思うに至ったかは、感覚的な問題であり、具体的にど説明できないのが心苦しいところです。
この様に削いで洗練されていくと、知的な雰囲気を感じられるように思います。
それは、恐らく削いでいく過程で、相当な計算があっただろうと思わせてくれるからなのでしょう。
もっとも、その点につき、如何にと質問されれば、感覚で作りましたと仰られるかと思いますが。
シンプルなものこそ難しいのだろうなぁ。
posted by 桐野彰 at 18:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年08月30日

2014年7,8月デビュー

今月と先月にニコマス「に」又は「にも」飛び込んだ方々の作品でティン!ときた作品。

7月分
細花氏

REMIXについては、知識が殆どないので、色々書かせて頂くことに苦労します。
曲の特徴や印象的なフレーズをどう生かすかがポイントになるのかなと勝手に思っています。
過去に何度か作っておられるので、小慣れた感じをしました。

うみのみる氏

ミリオンもシンデレラのそれと変わらないだけの絵柄がある事を感じさせられる作品だと思います。

8月分
黒酢氏

琴葉というと個人的には、千早の生真面目さと雪歩の線の細さを合わせた様な印象です。
そういった雰囲気を短い時間ながらも、表現した作品だと思います。
所恵美との関係が、描かれているところが印象的でした。

撲殺天使氏

使用曲が洋楽(と思われる)という面もあるかもしれませんが、洗練された感じが印象的。
もっと魅させて貰いたいと思いました。
個人的に今後の作品を期待しています。
posted by 桐野彰 at 18:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年08月29日

真誕生祭

真、誕生日おめでとう!

wacわくP

空といいますか空色を多用した作品なのですが、柑橘系の香りを感じました。
この雰囲気、この香りが青春なんだろうなぁ。
何分、記憶の範囲ですが、そういった体験がなかったので、羨ましさすら覚えました。
真は空色が良く似合う。

ハバネロP

静止画作品なのに(選曲所以かもしれませんが)疾走感を感じさせてくれる作品です。

きゃのんP

真の良いとこ取り。
無印又はL4Uと2以降の真の時間枠を超えた交流を思わせる所が印象的。
すっかり2の真に見慣れてしまっている事に気づかされる作品でした。
無印やL4Uの真をしっかり抑えておられるのがいいですよね。

れのP

真は格好いい又は可愛い若しくはその両方を感じさせてくれる作品がかなりを占めるのではないかと個人的に思っています。
そういった中で、この作品の真は、美しい真という印象を受けました。
過去に美しい真だと感じられたのは、記憶の限りだと少年Pのこの作品(sm6081639)です。
美しい真を観られるという点では、先の少年Pの作品と同じく際立った作品だと思います。
posted by 桐野彰 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年08月23日

一週間前

じい様「ばあさん。アイマス9th名古屋ライブは、まだかのぅ」
ばあ様「先週、終わったでしょう」
じい様「ないんすだけにないんす」

故P(企画告知)

最初の5秒で笑ってしまったので、私の負け。

ribonP

この作品を魅させて頂いた時、プリンスの「バットダンス」が、頭を過りました。
衣装がマイティヴァンパイア所以だと思います。
ダンスのリピートにカッティングが、刺激的でした。
さらに物語性もあったりとガッツリ作品の世界に引き込まれました。

グリグリP

「アイドルマスター The world is all one !!」を読まれた方には、グッとくる作品ではないかと思います。
どの花もいつまでも綺麗であって欲しいそう思わせてくれる作品の一つでした。
posted by 桐野彰 at 20:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年08月21日

二人

今日は、亜美真美作品二作。

マクシン氏

何時も二人でいられるわけではない。
しかし、二人は同じ空を見ているから、繋がっている。

ネギリボンP

亜美らしさ、真美らしさ、そして二人らしさ。
どれも欠けては、成り立たないと思わせられる作品だと思います。
posted by 桐野彰 at 19:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年08月18日

ライブ

行くまでは、名古屋2daysだけで満足できるだろうと思っていました。
しかし、今は違います。
何とかしたいところです。

sub郎P

千早が創り出す世界に浸りたいという方にお勧めの作品の一つ。
ヘッドホン装備の上、部屋を暗くしてみて頂けると、千早の作り出す世界により深く浸れると思います。
涼しいというよりも、海の底にゆっくり落ちていく様な雰囲気の作品でした。

アシャーP

名古屋ライブ初日で元ネタPVを見たのですが、この動きには気づかなかったという不覚。
これは、思いついたもの勝ち。
posted by 桐野彰 at 20:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年08月12日

あと4日

楽しみで仕方ない。

ゆーいちP

「暑苦しくお送りします」とコメントがありました。
確かに暑苦しさも感じられますが、開放感が気持ちいい作品だと思います。

むすひらP

逆光を思わせるような白いフィルターが幻想的だと思います。
作品を観させて頂いている筈なのに夢を観ているような感じ。
情熱的ながらも儚い雰囲気が如何にも夏らしさを感じさせてくれます。
こんな真夏の夜の夢を観てみたい。

音P

音Pは、観てみたい千早の姿を常に表現しておられる。
もしかしたら、作品を観させて頂いてから、感想として観たい千早を魅させて頂いたと思っているのかもしれません。
しかし、そうでもいいのです。
魅させて頂いた私が、はぴはぴ出来るのですから。
それにしても、ポニテの千早も素晴らしい。
posted by 桐野彰 at 20:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年08月10日

来週

来週の土日が楽しみです。
いい天気になるといいなぁ

狡猾全裸富竹P

画面の向こうに踊るは、間違いなく城ヶ崎姉妹。
まさにカリスマ。

はにまるP

(o・∇・o)<キモ春香さん達と競演したよー
どういう発想をしたら、こんな競演が生まれるのだろう(褒め言葉)。

ぐっさんP

確かに春香は笑顔で踊っているのですが、実は泣いている様に思える。
OFAの映像を観させて頂いている筈なのに無印の春香ドーム成功EDが脳裏に浮かびました。
posted by 桐野彰 at 19:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年08月07日

立秋

暦の上では、秋。

妄想会計P

サムネがご覧の通りだったので、作品を観させて頂いたら、やっぱりそうでした。
ちなみに個人的には、あるより無い方が好みです。

hikaruP

ゆっくりとした流れの中で漂っている様な雰囲気になったのが印象的でした。
目に痛いくらいの青空の下でゆっくり回っている姿をずっと観ていたい。
posted by 桐野彰 at 20:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年08月06日

一段落

9月中頃まで、リアルは落ち着くかな…。
短い期間でも落ち着けるとといいなぁ。
ごく最近観させて頂き、夏を感じさせてくれた作品、3作。

みしお子P

無機質でジリジリと照り付ける様な暑さと砂漠にいる様な乾いた雰囲気の作品が多い様な気がします。
その中でウェット感を感じさせてくれる比較的珍しい作品。

/sec.P

この曲で真誕生祭手描き作品があったのを思い出しました。
曲に合わせたからこそでしょうが、二作ともサナギから蝶が羽ばたく様な展開になっているのが面白く感じられました。
高揚感もしっかり感じさせてくれます。

rock821氏

明日が立秋である事を教えてくれた作品です。
暑いけど、どことなく寂寥感を感じさせてくれます。
アブラゼミの鳴き声の中に聴こえるツクツクボウシの鳴き声の様に。
posted by 桐野彰 at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年07月31日

今月の一作

今月の処女作は、お休みさせて頂きます。
昨日、飲み会だったので、記事を作れなかったという。
8月に7月分も纏めて処女作記事は、アップする予定です。
ということで、今月の一作。

赤ペンP

赤ペンPの作品は、特にあずささんメイン作品で感じる事なのですが、いい意味で挑戦的。
挑戦的という表現をすると、上から目線という感じかと思われがちですが、そうは感じない。
むしろ目線は、優しい雰囲気を持った作品だと思います。
「俺のあずささんだ。綺麗だろ、可愛いだろ。どうだ。あずささんの良さが分かるだろ」
文字にしてしまうと伝わりにくい点がありますが、優しい声で言っている様な雰囲気という印象です。
俗にいう嫁自慢。
ただ、自慢しているだけでなく、あずささんを知って貰いたいという気持ちも込められた嫁自慢。
そういった気持ちも込めつつも、かなり緻密といいますか論理性すら感じる隙のない作品だと思います。
posted by 桐野彰 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年07月19日

あずささん誕生祭

あずささん誕生日おめでとう!
私が幾つになっても、21歳の永遠のおねいさんです。

カヅキP

冒頭でステージで踊っているのに何故か摩天楼を背景に踊っているように感じられました。
一コマ一コマにゆっくり浸れる作品だと思います。
抑えられた色調が印象的な作品。

アドP

verは、違うとはいえ、この曲であずささんとは。
ニコマス的には、律っちゃんのイメージが強いと思われる曲なので、意外でした。
衣装で最後に赤色を持ってこられたので、赤が鮮やかに感じられる作品だと思います。

れのP

公式曲というのもあってでしょうが、正統派のPV作品だと思います。
気持ちいいくらいの直球ストレートな感じが印象的でした。

あとりえP

お洒落で可愛いあずささん。
映画を観ている様な感じでした。

posted by 桐野彰 at 18:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年07月16日

仕様変更

ブログの仕様が変わってアップする際に戸惑う日々。



トカチP

玲音のヘテロクロミアには、彼女達がどう映っているのだろう。

妖狐P

お巡りさん、このアイドルです。

ゴn兵衛氏

無機質で乾いた雰囲気。
そして、ジリジリと迫る様な暑苦しさ。
これが、NoNoWire作品の魅力だと思います。
辛いのが分かっているくせにまた食べたくなる様な作品だと思います。
posted by 桐野彰 at 19:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年07月13日

蒸すねぇ

7月ももう半ば。

ナンカンP

何故にこの曲と思うのですが、恐ろしく合っているように感じられるという。
忍者だよー(o・∇・o)

ベタ塗りP

律っちゃんには、チョコミントがよく似合う。

音P

アイドル同士のコミュが増えると、その分、彼女達の姿がもっと見えてくる。
そうすると、次々と新しい物語が、生まれてくると思います。
そういった新しい物語を期待させてくれる作品の一つだと思います。
千早は、もっと肩の力を抜いて、周りを見てみるといいと思う。
千早に世の中は悪いものだけじゃないと語りかけている様に感じられた作品でした。
posted by 桐野彰 at 19:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年07月09日

上半期20選

今年上半期20選はこのような感じになりました。
コメントは土曜日辺りにつけていく予定です。

posted by 桐野彰 at 21:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年06月30日

今月の一作

オヤジオナ氏

最近、ニコマス作品をしっかり見られなくて、乾いた気持ちになっていました。
そこに潤いを与えてくれたのが、この作品でした。
やってあられることは、言うのも失礼ながら、馬鹿馬鹿しい。
しかし、全力で作品を作っておられるのですよ。
単にコラするだけでなく、表情が変わったり、手が顔に隠れると顔も隠れる。
しかも、表情が元ネタの作品の世界観にあっている。
さらに楽しい。
丁寧な力技に乾杯。
posted by 桐野彰 at 21:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年06月29日

2014年6月デビュー

今月ニコマス「に」又は「にも」飛び込んだ方々の作品でティン!ときた作品。

エコーP

あおいとりは千早に何を見せたかったのか。
シリーズ作品となっております。
あれこれ書くつもりはありません。
兎に角、観るべし。

yume*氏

志保に真っ直ぐな作品。
シンプルだからこそ、光るものがあるのだと思います。
posted by 桐野彰 at 17:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年06月25日

(>ヮ<)q<お誕生日だよー!

今日は、アイマス界の豆タンク日高愛ちゃんの誕生日!

むきリン氏

この後に逆接の接続詞を続けたくなります。
愛ちゃんだったら、きっとつけてくれるに違いない。

gxujyg氏

(>ヮ<)q<あ!い!う!え!お!

ぐっさんP

忙しくもあり、楽しくもあり。
如何にも愛ちゃんらしい作品の一つだと思います。
posted by 桐野彰 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年06月23日

律子誕生祭

律っちゃん、誕生日おめでとう!!

出羽P(主催)鵜堂P・黄兎図画工作・この辺にカラフルP・しゃもP・ジョーバP・ぱぃ・ぱんだ・ひら・マル憂P・YuP・リンスキー師範





フェチズムとリツズムに溢れる合作です。
部位と言われると体のどこかと思ってしまうのですが、結構、奥が深い。

赤ペンP

今もこれからも、律っちゃんは、竜宮小町の一員です。
例えステージに立っていなくとも。

ライムライトP

モノクロと選曲で過去の律っちゃんを観ている様に感じられました。
踊っているのですが、足で大地を腕を組みながらしっかり踏みしめている感じが印象的でした。

オヤジオナ氏

一日早いですよ。
4年も遠回りしてきたから、仕方ないかもしれませんね。
時間はかかったけど、OFAで巡り合えたので、すべてよし。
posted by 桐野彰 at 19:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年06月15日

一月

OFA発売から一月経過したので、OFA作品にも触れさせて頂きます。

音P

千早と音PのOFAからの第一歩。
OFAでも物語が魅られるのは嬉しい。

れのP

「Dream」は、剣の切っ先の様な鋭さを持っている印象があります。
その切っ先をより鋭利に且つ美しくするとこんな感じになるのでしょうねぇ。
色んな要素を絞りに絞った玲瓏とした作品の一つだと思います。
洗練されているなぁとしみじみ感じました。

クローゼットP

綺麗で格好いい。
幻想的な感じが印象的。

全RA-P

Thank_Kin!
posted by 桐野彰 at 18:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記