2015年02月25日

千早誕生祭

千早、誕生日おめでとう!
ある作品も今日、記事にしようと思ったものの、月末に触れさせて頂く事にしました。
あの曲は、私にとってはじめの一歩なので。

ガラスP

久方ぶりにこういった作品を魅させて貰ったというのが第一印象でした。
カブキンPのinferno PV(sm9394129)を思い出しました。
後半の魅せ方が、何となく似ている様な気がしたので。
真と雪歩のダンスの魅せ方もまたいいんですよねぇ。

GallatinP

千早のストイックさが際立っている様に感じられました。
色んな要素を取り除いたからこそだと思います。

タイ氏

こんな歌でくるかと感心させられました。
締め付けられる歌詞ではあります。
しかし、隣にいるだけが全てではない。
そう感じさせてくれる作品。
どこかで元気にいてくれるだけでいい。

Yの鼓動P

歌う為なら躊躇うことなく平然と魂を削りそうな千早。
力強さの裏にどこか危うさを感じました。

れのP

この作品にカメラワークの色は、間違いなく蒼。
noirだけどbleu。
千早が歌い上げる時の顔のアップが、本当に印象に残りました。
三人が積み上げてきたものを感じさせてくれる作品だと思います。
posted by 桐野彰 at 19:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年02月02日

サムネ統一

あの、サムネ統一で少しわからないとこがあるんだけど

麦畑/Mugibata氏

元凶

youtt6氏

凜の歌唱力に武内Pも驚き以上の何かを感じノリノリの模様。
武内Pが、無表情且つ寡黙だからこそより笑えてきます。

スカルちくP

下克上
静止画で生まれる間があってこそ面白く感じられると思います。
posted by 桐野彰 at 20:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年02月01日

2月ですが

先月、琴線に触れた作品を幾つか。

豆苗氏

デフォルメされた可愛い渋谷凜が、ひたすら駆けていく作品です。
妙な物が飛んでいきますが、そこは気にしない方向で。
Never say neverのアレンジが、デフォルメされた凜の動きと合っている様な気がします。
このアレンジが不思議と耳に残る感じが、心地いい。

いちじょーP

各々の曲には、各々の世界観があるかと思います。
曲同士を組み合わせると各々の世界がぶつかり合うかと思えば、融合し異なる世界を奏でる。
この作品は、ニコマスにおける後者の例の一つになる作品だと思います。
具体的にどの様な世界が奏でられているかは、ご自身で体験して頂きたい。
個人的に2分30秒からの40秒間は、鳥肌モノの展開でした。

mknP

何分、最初に魅させて頂いた時は、元ネタを知りませんでした。
その為、曲の始まりで浦安の黒鼠さんが脳裏を過りましたが、当たらずしも遠からずといった感じでしょうか。
扉を開けた途端、光と花とアイドルの大胆で美しい競演が、目の前で展開されている様な印象を持ちました。
魔法をかけられたとしか言い様がありません。
posted by 桐野彰 at 18:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年01月31日

今月の一作

といいますか、カプチーノと伊織について。

07年作品の一部について今月は、触れさせて頂きました。
言うまでも無く、07年作品もかなりの数の作品が削除されていると思います。
そういった作品群の中にも触れるべき作品は、ありました。
その筆頭と言っていいのが、ありすえPのアイドルマスター 美希・伊織デュオ「カプチーノ」でしょう。
私は、前にも書かせて頂いたとおり、同作品を観る事が出来ませんでした。
辛うじて下記の動画より、作品の一部を観る事が出来たくらいです。



同作品といいますかありすえPの影響が大きい故だと思いますが、過去に幾つか同作品をリスペクトされた作品がアップされ、且つ、現在に至ってもリスペクト作品が上がっています。
当時における同作品やありすえPの影響力の強さに驚かされる次第です。
そういった中でも、個人的に影響を受けた作品とごく最近、アップされた作品二作を取上げさせて頂きます。

あとりえP


DikeP


 正直に言いますと、伊織の様なタイプのキャラはどうも好きになれませんでした。
該当キャラのシナリオに触れれば、変わっていたのかもしれません。
しかし、同作品を観ていた当時は、ゲームに触れていない上に仮に触れていたとしたとしても飽きっぽい性分もあり、伊織シナリオに触れなかったと思います。
伊織の抱えているものを知らないまま、放置するという残酷な事をしかねませんでした。
それを押し留めたのが、DikePの上記作品。
過去にも書かせて頂いた事ですが、嫌いな人を振り向かせ且つ好意を抱かさせると言うのは、難しい事です。
それに成功している作品の一つだと思います。
ありすえPの同作品をリスペクトした作品なのだからこそ、その様な気持ちになれたと思いたいです。
 あとりえPの作品を観て頂ければ、お分かりかと思いますが、2分45秒の所でコーヒーカップが出てきます。
この箇所で思わず声を上げてしまいました。
DikePの作品でも、同じ演出があるのですが、それをDikePの作品を観た筈のないありすえPの作品の演出だと頭の中で認識していたからです。
何分、数年前の作品なので、記憶違いと言う事は、よくある事だとは思います。
自分の都合といいますか心地よくなれるように記憶が改ざん(大げさな表現ですが)されていました。
見たいものを見たいようにみている事をつくづく自覚させられました。
ただ、こういった場所でなら、見たいように見させて頂いても、許されますよね。
posted by 桐野彰 at 18:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年01月30日

2015年1月デビュー

今年最初のデビューP紹介

なをめ氏

ゲームは、ゲームとはいえ違うゲームに思えてしまう静止画の魅せ方が印象的。

ak氏

wotでの架空戦記作品もかなり増えていますが、今月アップされた最新の第一作目。
導入は、よくあるプロモーションになっています。
その点、丁寧な展開がされているので、入り込みやすいと思います。

ビーストンP

GBA版音源でM@STERPIECE(オマケあり)を再現した作品です。
限られた音源でもここまで出来るものなのですね。
posted by 桐野彰 at 20:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年01月29日

今日で最後

今月だけで07年作品を追うことが出来ると思ったのですが、甘かった。
結局、8月中旬くらいに止まったという。
この時点から、結構作品があることに驚きました。

ほりのP

「愛が止まらない」は、洋楽「Turn it into love」である事を今日、この作品で知りました。
曲の展開に丁寧に合わせているのが、印象的。

レリヲP

やよいが、面白楽しく世界をかき回す。

赤ペンP

赤ペンPといえば、あずささんPですが、デビューは真というのは意外でした。
ただ、デビューから長めの作品というのところがまた。
posted by 桐野彰 at 20:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年01月28日

買い物

アイマスショップは、ブルーレイやDVDを取り扱ってくれるかな…。

カルミナP

im@sclassic付の最も古い作品。
アイマスとクラシックという組み合わせは合うのだろうか。
実験的要素がある様に拝察しますが、この作品が一つの答えの様な気がします。
違和感を感じないのは手の振り付けが、結構、ゆっくりで大きいからこそなのでしょうね。

アストロP

カラフルなサムネの中で燦然と輝くモノクロサムネ。
そんなサムネに引き寄せられてみれば、ノスタルジィが展開する。
posted by 桐野彰 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年01月27日

私です

記事を書きまして候

ちんこうP

「私です ちんこうPです 素材は捨て6からお借りしまして候」
でお馴染みの謎(だった)のニコマスP(集団)の最古の作品。
選曲といい衣装選択といいアブノーマルなのですが、比較的きれいな範疇に入ります。
雪歩と筋肉少女帯の楽曲は、妙に合うような気がしてなりません。

roP

この作品の春香は、地獄に咲く一輪の彼岸花。
posted by 桐野彰 at 21:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年01月26日

偶像

今日は、偶像をテーマに

ぽこ太氏

誰もいない世界で、再び人類が戻ってくるのを待つ偶像。
踊り歌いながら待つ偶像。
命令でそうするのか、自分の判断でそうするのか。
どちらでもいいのかもしれない。
待っていてくれるのだから。

ナオキP

ダンスを儀式に置き換えてしまった作品。
かなり凝った演出で一つの物語を綴っています。
posted by 桐野彰 at 19:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年01月25日

アイマスショップ

イオン大高らしい。

アイマスP合作動画

最も古いニコマス合作。
ネタのCM自体も結構、古いものが多い。
Vol.5まであるという。

陽一P

あずささんとの一年を辿ってみませんか。

とあるP

かつて緑色を青色と呼んでいた時代がありました。
それ故、律っちゃんにも空色が似合うと感じることが出来たのだろうなぁ。
posted by 桐野彰 at 17:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記